残念無念日記3

Pentax K-1 K-5IIs MX-1…
MENU

PENTAX 体感&トークライブ Why PENTAX?

年度が変わり色々ありましたが、K-1mk2の発表と共に「PENTAX 体感&トークライブ Why PENTAX?」 が札幌でも開催される事となった為これは見過ごせない。
札幌での開催はK-1発売の年以来です。


勢いで申し込んだ「PENTAXで撮るポートレート&公開ワークショップ」、見事厳正なる抽選により当選。
ポートレートの経験はK10D所有時代に遡り、ペンタックスが会社として開催していたK20D?イベントで、会場内ステージで水着のお姉さんを撮って以来ですw


岡本尚也先生がついていますし、どうにかなるでしょう!
という事で撮った写真です。




She




Her




Her




これは自分のK-1+DFA★70200で撮ったもので、実際のイベントでは岡本尚也先生の指導の元、K-1mk2+DFA2470が渡され1分間撮影(個撮というのかな?)を2回、K-1mk2+発売前のDFA★50mm(仮称)のセットで1分間撮るというものでした。
正直初めてのことなので、言われるがまま。
モデルのカレイさんがテンポよくポーズを取ってくれたのでいい間合いで撮れました。
その後マイカメラでの撮影時間を頂き撮らせてもらったのがこの写真です。


で、そのK-1mk2や貴重なDFA★50mmでの写真ですが、
残念ながらデータはおろかプリントももらえず、DFA2470とDFA★50での写真、各々1枚を自分でセレクトし、講評会でプロジュクターでの映写となり…晒し者になりましたw
それでも岡本尚也先生のテンポ良いトークと指導もありワークショップは初めてでしたが、楽しく過ごせました。


カレイさん、岡本先生の許可も頂いておりましたので


Instructor and model



breaktime




ポートレート結構楽しいかもしれません。














美瑛から富良野へ



前夜の曇天で星空が見れずに宿でやった一人反省会が良くなかったのか、翌朝は寝坊してしまいました。
朝日に到底間に合わない(=普段の休日と変わりない)時間に起床し、のんびりスタートした2日目です。


どうにも天候が今ひとつ。雲が多い。
青い池はスルーして白髭の滝へ。
ここのライトアップは確か観ていなかったはず、いつか来よう。



Shirahige Falls




Shirahige Falls




Shirahige Falls



という事で、止めてみたりスローで流してみたりと自分なりにトライしてみたものの…
マンネリ感を感じつつ後にしました。

丘と木の美瑛


B&W




B&W




B&W




白い世界のラインアートと立木、モノクロームな世界に仕上げて見ました。
普段こんな風にはしないけれど、この時期だから許されるかなと。