残念無念日記3

Pentax K-1 K-5IIs MX-1…
MENU

小樽運河


正月2日の小樽運河。
相変わらずアジアの方達で混雑しています。



Otaru Canal


1枚目はDFA24-70で。上下をトリミングしワイド感を出して見ました。
それと今回からスタイルシートを変えてみました。
写真サイズも多少大きくなっています。



カモメはカモメ



Seagull




連休最終日、実家の庭の氷割りに帰省した際に食した回転鮨なのか、それとも前日に食した刺身(生ホッキ)なのか特定出来ませんですが、ウイルス性胃腸炎に罹り結果的には久し振りに会社を止む羽目になりました。
連休明け出社したものの、二日酔いでもないのに気分が悪くマーライオン2頭が襲いかかり急遽病院へ。
そのまま自宅謹慎となり今日で3日目、おかゆと経口水で起き上がりMacに向かってますが、
この歳になって改めて生の2枚貝が危険だと思い知る事になるとは…




そんな事も予想しない小樽からの帰宅時、運河で沢山のカモメを発見し暫しカメラを向けてみました。
今は内陸に住んでいる為カモメを見る機会も無かったので良い被写体になればと。




何かあっても24-70mmと70-200mmがあれば何とかなるだろうと思ってましたが、流石に遠い。
300mm(+クロップ)があれば良かったのにと後悔しつつ、思いっきりトリミングしてみましたが何とかなっているのはやはりレンズお陰でしょう。

Seagull




長都沼の鳥達は無理でしたが、ここのカモメだと飛んでいてもどうにか収める事ができました。

Seagull




改めてですが、海があるのは良いです。

Seagull

Seagull





と言う事で、明日は出社出来そうです。

小樽運河

年末年始以来の小樽。
目的は何の事は無い、とは言えない実家の雪かき。
例年と比べ積雪量が少ないとはいえ、それなりの量がありました。


午後から出かけ、1時間強をかけて完了。
折角だからと久し振りに運河へ。
丁度イルミネーションが始まったとかでした。



Otaru Canal





にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

オタモイ海岸

意味も無く折角だからと、次に向かったのはオタモイ海岸。
一応小樽積丹国定公園に指定されているエリアの一角(多分


子供の頃、チャリで釣りや海水浴へ出かけた場所。
ここに来るには、七曲がりとか呼ばれている道を降りる必要があるのだけれど、その名の通り急なカーブを7カ所クリアしないと辿り着かない。
案の定帰りの上り道では減速不十分で降りてきた軽カーと接触寸前になる始末。
(後からドラレコ画像を見ても怖かったw)


出来ればここは何分かおきの一方通行にしてもらっても良い位とは言い過ぎか?
でもそれ位の幅員とカーブ。


かつてはここに御殿らしきモノも建立され、その残骸を初めて目の当たりにして驚いたのも遠い記憶だが、流石に現在ではその痕跡すら残っておらずそれはそれで淋しい限り。





左(西)は積丹方面
20150818オタモイ3





前面にはかつての釣場。
遊覧ボートが…(>_<)
20150818オタモイ1





にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

小樽 旭展望台

住吉神社を後に母校へ立ち寄り、序でに旭展望台へも。

小学生の頃、スキー学習でここの麓で滑ったのは懐かしすぎる想い出。
その数年後ここの近くの学び舎へ通い(勉強はあまりしなかった)、勉強?の合間の気晴らしに友人のKP61でオベアンダーソンごっこをしたのも懐かしい。
勿論今ではそんな無茶は出来ないが、つづら折りに入ると血が騒ぐw




20150815旭展望台1


こんなに緑が濃いのはMX-1の仕業でも無いだろう。
兎に角数年振りに向かう。青空が嬉しい。






にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村



住吉神社

なんだかんだで久し振りの帰省がこの時期になってしまった。
例年同様道中が混雑する割に市内は普段通り。
食事がてらに住吉神社へ立ち寄ってみた。




懐かしい
Otaru Sumiyoshi Shrine1
入り口の鳥居近くから境内をMX-1で。
rawでばかり撮っていたけれど、今更ながら出来の良いjpegに感心。





にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村






帰省。

お盆休みと言う事で帰省してきました。
久し振りの小樽(久し振りのエントリー)です。


それなりに持参した割には、お寺と自宅、駅舎〜運河通りを少し歩いただけと、撮る機会も無くレンズ1本勝負?になってしまいました ^ ^;
最短撮影距離45cmは微妙な距離感ではありますが、やはり写り自体は素晴らしいです。






201408小樽1






201408小樽2




シェードの透明感が気に入りました。

201408小樽3




朝夕も涼しくなり、空も秋めいた感じです。

201408小樽4




運河沿いは観光客ばかり・・・

201408小樽5




もう充分涼しいってw

201408小樽6






201408小樽7





レンズ1本だけだでは何だか不安な気分でしたが、いざコレだけと思えばどうにかなるもんですね。
ただ、性分なのかもう2本位は持ち歩きたいなぁと ^ ^;



今回初めてFlickrでの写真を貼付けてみました。
多少、画質は向上するらしいですが、拡大方法が現時点で不明…





にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村




埠頭


















この港でアルバイトした事も懐かし過ぎて…当人も真偽の程が怪しくなってしまいます。
それでも、艀なるボートに乗っての小麦の運搬作業やニュージーランドからの冷凍船でのマトンの積み出しなんぞは記憶に残ってます。
何処もかしこも立入り禁止では無いのですが、昔に比べて難しそうです…




にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ

小樽なえぼ公園#2























前回に続く小樽なえぼ公園です。
あれは小学2〜3年生の頃だったでしょうか?
現在の実家とは違う場所に住んでいたので結構距離はありましたが、ザリガニ目当てで遠征してきた場所です。当時ザリガニブームみたいなのがあって、山間のせせらぎによく出かけていた記憶が蘇ってきました。

ここも当時の小川のままではないと思いますが、雰囲気はあります(笑
ザリガニはいなくとも、苔(ウイローモス?)まであってかなり惹かれるものがあります。

今の家を建て庭を作る際、子供の情操教育の一環と称し庭に池が欲しい!とカミさんへ提案しましたが当然却下。
結果的に金魚鉢→熱帯魚→水草水槽に嵌ってしまった訳ですが、やはり川のせせらぎを見てしまうと自然には敵わないと納得。

あの頃のザリガニはニホンザリガニだったと思うのですが、もう見る事も出来ないだろうと思うと残念な気持ちになります。
以上写真とはあまり関係ないザリガニネタでした ^ ^;






にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

小樽なえぼ公園












日曜日、実家から帰宅する途中で立ち寄りました。
ここは子供の頃、ザリガニを採りにきた場所です。
もう、ザリ君なんかいないんでしょうね…


昼時だった為入り口近くはBBQでしたが、奥まで進むと生い茂った森の中。
小川もあってマイナスイオンが心地良い!





にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村



このカテゴリーに該当する記事はありません。