残念無念日記3

PENTAX K-1markII, K-5IIs, MX-1
MENU

札幌市内あれこれ


Former Hokkaido Government Office



写真とは関係のない先日調達した三脚について。
脚のマンフロット190Go!カーボンと一緒に購入したマンフロットのBHQ6なる自由雲台、アルカスイス互換と記載されていたのでチョイスした訳ですが、互換性があったのはプレートだけでプレートを受け入れるクランプ側は互換とは言い難いものでした。

手持ちのKIRK、BENRO、SUNWAYFOTOのプレートいずれもが嵌らなかった。
メーカーにも問い合わせましたが、全てのプレートに対応している訳ではないとの事でした。
それはそうだろうけれど…

自由雲台BHQ6のクランプ側は付属純正プレート(幅37mm)にしか対応しておらず、手持ちのプレート38mm(素人計測)を受け付けない仕様だった様です。

購入先には申し訳無かったけれどが説明すると返品可能という事だったので。
そしてアルカスイス互換で汎用性のありそうな雲台として見つけたのが、Marsaceマセス  DB-2なる製品。

返品先にも在庫があったのでお礼(お詫び?)も込めて、再び同じ先から購入。
赤いアクセントが脚の190Go!にも合っていてこれ最高、と思ったのもつかの間、肝心のボールが???

MarsaseDB2


売りであるフリクションコントロールダイヤル(写真中央部の赤いダイヤル)が目一杯効いているらしく、メインダイヤルが全く動きません。
雲台のボール自体はプレート側を無理に動かすと何とか動くのですが、多分良い事はないでしょう。
どうも雲台には恵まれていない、縁がないのかもしれません。

という事でダメ元で再度購入先で問い合わせ、一度実店舗でみてもらうことになりました。
店員さんも一生懸命対処してくれたのですが、やはりダメですね〜と。
在庫のある別の店で実物を確認してもらう(電話でやりとりしてくれました)と、かなり重めながらもフリクションダイヤルは回るとの事。
因みに雲台自体を水平に回すパンダイヤルも渋めでやっと動く程度なので、そういう商品だったのでしょうか。

何れにしても、フリクションコントロールダイヤルが正常なブツが存在していた為これと交換してもらうことになりました。
これにて雲台は落ち着くことができそうですが、違う意味で沼に嵌った様です。
お安い中華製雲台は当たり外れがありそうで、如何にKIRKの雲台がお値段なりに素晴らしい雲台なのか知ることができて勉強になりました。

三脚については改めて書いてみるつもりです。





Plant

たらこ屋さんを後に帰宅する途中、往路で見つけた工場群。
調べると日本製紙の白老事業所だったようです。



流石に敷地内には入れず、近くの駐車場から。


Plant


メタルがいい具合に汚れています。






Plant




鉄塔の先まで登れるようです。
これを見た瞬間、メカゴジラを思い出しました。

お願いしても無理だろうと思われますが、あそこ=操縦席?からも眺めて見たい。




Plant


全体を見るとただの円筒の様だけれど、紙を製造する何かなんだろうなぁ。
夜景がどうなっているのかも知りたいが、ここまで来るなら室蘭まで足を伸ばし工場萌えをトライして見たい。






千歳基地航空祭#1


Chitose AirBase



昨年空港側から狙いがっかりだったので今年は基地内へ入る事に。
駐車券も手に入れ久し振りの基地内駐車。


南千歳駅に駐車しそこからシャトルバスで向かったのは一昨年?
帰りのバスが長蛇の列で、諦めて何キロも歩く羽目になったな。


と言う訳で国道に作る長蛇の車列に初めて並んでみました。
5時40分に自宅出発。車列最後尾が自宅から遠く無い場所だったのに多少驚く。


開門までの間、永遠に動かないのかと思わせる程の時間が経過。
車内でTVを見ながらやり過ごす。この間どんどん後続車両が増えていた。
開門後はスムーズに流れたので一安心。


あんな時間でも最前列は埋まっていた。
クルマは諦め、歩きか自転車での入場でないと確保できないのか。


という事で前列には並ばす、基地内をぶらぶら。

再会


GW後半に突入した昨日、30年振りの友人と再会してました。
Facebookで探し出しやり取りはしていたので久し振りとは思わなかったのですが、やはり本人と会うとなると別ですね。
思わずおおっ!と握手から(笑
大企業の部長さんになっていても、会えば昔のまま。
写真も撮らず(撮れない程)昔話に花が咲き、いい年したオジさん達が盛り上がってしまいました。
やはり、昔の仲間はいいものですね。
次回も是非にと、夏の再会企画をもう1人に託し別れましたが今から楽しみです。













写真は2軒目、初めてお邪魔した「すすきの しょうすけどん」にて。
ほろ酔いでしたが、雑多の感じでフランクに飲み、食べるが楽しめそうなお店でしたので再訪ありですよ。



にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村



八尾町にて














人口2万人の町に3日間で25万人が押し寄せると言う八尾町。
その25万分に1になってきました。


百聞は一見にしかずとは正にこの事か…事前学習も役立たず、その優雅で魅惑的な舞いと調べ。
半日で虜になってしまいました。


もっとゆっくり見たい、撮りたいと欲望は果てしないけれど、来年以降の課題にしましょう。
今回間に合わなかったIIsもDA★60-250も手にしたのだから…うん、そうだよ(きっと




にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村







再開を待つ

謎のバッテリー問題で運休が続いているB787ですが、対策が講じられ運行再開を目指し試験飛行を行っている様です。

新千歳空港には4機が飛来。
毎朝4機が並んでいるように見えていたので、今朝近くまで向かいましたが実際には2機ずつかなり離れていて…。
























天候と多忙を言い訳に久しくカメラを持ってなかった為か、とても重く感じました(>_<)
やっと春らしい日差しが見られる様になったので、外へ出かけたいね。



どうちよう

いや道庁です。
どうちようもないf^_^;












札幌市内は雪解けも進み、路面も乾いていました。
色々廻って行きついた先は、生まれてン十年にして初めての赤レンガ。
成る程、重厚な造りに納得。
入場無料を確認して中へ…




にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ

晴海埠頭公園での夜景

浅草から水上バスで下る野望はタイムアウトという呆気ない結末で、仕方無く電車での移動になりました。
スカイツリーを撮り終えた段階で歩き疲れ浅草通りで休憩を取ったのが原因だったのですが、喉の乾きを潤しスマホのバッテリーもゆっくり交換できたので仕方無かったと納得しました。

目的地の晴海埠頭へはバスしか交通手段が無く、お上りさんとしては初の都内バス乗車となりました。
銀座三越前からバスを待つのは少し恥ずかしかったなぁ ^ ^;
何とか埠頭公園に到着するも、夜景には早過ぎて下見には充分すぎる時間が…


17:17 曇天orz





18:16





18:17





18:39





18:43





18:47 この後待ち合わせ時間となりタイムアップ




曇天で天候今一でしたが、土曜日の為かカメラ組とリア充はそれなりでした。
長かった都内満喫がここで終わりましたが、充実した1日だったと思います。
次の上京予定はありませんが、次回は取り敢えず水上バスに乗りたいですねw



にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

スカイ釣りー

やってきました、スカイツリー。確かに高い!
こんな時Sigma8-16mmがあればと少しだけ思いました。



FA31mm



新宿の魔力に負けて購入したFA77mmで





空気まで撮れるとの噂ですが、どうでしょう?容量の関係で解像度は落としていますが質感は出ていると思います。





暫く歩いていると怪しい店舗兼住宅?もう少し字が上手だったら入店したのに





逆さツリーで有名な十間橋には逆さツリーをツリー(釣りー)たいオジさんw





ミラーに写るツリーもお約束?





これは鉄板でしょうね





この後、水上バスで浜離宮公園へ下る予定でしたが既に浜離宮公園行きの最終便は出航済みとの事で、止む無く電車で移動しました。
2日目の夜景は明日へ




にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

聖地新宿

聖地と言えば秋葉原、ではなく自分にとっては新宿です。
かねてより聖地訪問を夢見てきましたが、今回念願叶いマップカメラとPENTAX FORUMを訪問する事ができました。

札駅ヨドバシのPENTAX 販売員さんも言ってました。
(マップでレンズを買ってそのまま)「FORUMで点検するのは良いと思います。」って ^ ^;






マップで浮き足立って危うく2本もレンズを購入するところでしたが、何とか1本に留めPENTAX FORUMへ向いました。
FA31mm+K-5の点検をお願いすると、待ち人無しながら1.5H程度かかるとの事。
非常に丁寧な事前説明(ピント調整がボディで不可能な場合はお預かりで修理)を頂き、センサークリーニングとピントの調整可能な範囲での点検をお願いしました。

昼食時間はニューレンズ開封の儀式へと変わりましたが、ボディが無い為ひたすら見つめるだけで終わってしまいました。
点検予定時刻前にFORUMへ戻ると間もなく呼ばれ、点検結果について再度丁寧な説明を頂きました。


1.ピント調整
ボディ側で済む範囲。そもそもFAlimtedはフィルム用でありデジタル用では多少のずれは生じる。
このレンズ個体も少しばかり後ピンであり-5mmが推奨値であり設定済み。
他のDA、FAではこの限りでは無い。

2.センサー
クリーニング済みでテストで見せてくれた。

3.その他
レリーズボタンが要修理。
ええ〜?このボディで既に3台目ですよ。
1台目はレリーズが粘って戻らない現象で交換→2台目はセンサーの汚れで交換→現在と説明したのですが、確かにゆっくりレリーズから指を離すと戻りが悪い!
押し込んでいる方は気にならないらしいです…
北海道から来たばかりで未だ撮るものがあるのでと丁重にお断りしつつ修理費用を聞くと¥18,000との事orz
やはり次の機会にとお断りし、FORUMを後にしました。



FORUMを出ると晴天。レリーズの事も忘れ思わず試写。
どことなくクリアな感じで満足!(相当思い込みが入っている?





次に向かった先は、今回もう一つの目玉?




詳細は明日へ。




にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村


このカテゴリーに該当する記事はありません。