FC2ブログ

残念無念日記3

PENTAX K-1markII, K-5IIs, MX-1
MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見納め


月日が流れるのは早いとは言うものの、今年の秋はあったのか?という位に一気に晩秋、いや今日も日中雪が舞う程の天候で冬、はそこまで来ている様です。
先週僅かに時間があったので恵庭渓谷へ出向きましたが、時既に遅し。



Eniwa

何だかぱっとしなかったので周辺光量補正を。





その後下流の恵庭ダムへ繋がる道端に艶やかな紅葉を見つける事が出来たのが幸い。

Eniwa




スポンサーサイト

マイルドセブンの丘



青い池から白ひげの滝まで来ると、天候はどうあれ行かない訳には行かない望岳台。
どう眺めても曇っていて臨めないのは明らかですが、時間もあるので取り敢えず向かいました。


登りかけて直ぐさま、路面凍結につき注意!との表示。
当然まだ夏タイヤですし、気温はプラス。前を走るレンタカー?はスタッドレスを履いてる様ですが気にせず登りました。


やはり十勝岳はガスの中。
山裾の色付いた木々も微かに見える位でしたので、駐車場から登らず退散。


しかして、向かったのは今回の目的の一つでもあったマイルドセブンの丘。





Mild Seven Hill




白ひげの滝



青い池を後に白ひげの滝へ。
ここもご無沙汰でした。




Shirahige Falls



曇天でも青い川と白い滝は変わっていません。

青い池



無理して夜中に走って着いた新栄の丘は、朝もやと曇天で粘りましたが結局変わらず。
後ろ髪惹かれつつ向かったのは青い池。
途中どうしても睡魔に勝てず、青い池を目前に白金インフォメーションセンターの駐車場で軽い朝食と仮眠を。
十分に眠れませんでしたが、何とか30分程度でリフレッシュ。




流石に余裕の8時着で人出もそれほど多くもなく。
しかし、柵を乗り越え池の脇まで降りて撮っている若者数人。注意すれば良かったのか、落ちてしまえと念じれば良かったのか…
そんなにローアンで撮りたいの?とおもいつつオジさんはいつも通りのアングルで。
この数日後、この秋最高の紅葉とか報道で流れオジさんガッカリ。
まっ仕方無いです。

20161016_Blue pond




朝もやで迎えた新栄の丘



既に時間が経過していましたが、先週思いたって向かった美瑛です。
朝もやの中に浮かぶ丘の姿を目指し、夜中2時半に出発。

道中鹿の飛び出しに注意を払いながら(道路脇の鹿2頭を確認)現地到着は5時と予定通り。
同じ景色を求めたであろう数台の車。

しかし予報通りの雲…
いくら待っても厚い雲。

こんな日もあるでしょう。




20161016_新栄の丘




20161016_新栄の丘




支笏湖再訪


先週の東千歳の向日葵の後、支笏湖、恵庭が紅葉祭りと知り混雑している中出向いたのですが、未だ紅葉には早くただのドライブで終わってました。
流石に今週ならばと支笏湖へ再挑戦。

支笏湖国民休暇村の前庭がいい具合に紅葉していたのを思い出し3年振りに伺いましたが、それでも微妙に早かったかもしれません。




20161015_Lake Shikotsu




20161015_Lake Shikotsu




20161015_Lake Shikotsu





元々木が高く焼けている葉を探す為には顔はほぼ真上。疲れる。

20161015_Lake Shikotsu





そんな事を繰り返している内に良い時間になったので湖岸へ。

東千歳

向日葵を後に向かったのは、今は1本になっているが以前の双子の木。
途中で秋蒔き小麦?の畑を見つけて。
天気はいいのに相変わらずの強風。



20161009_東千歳




20161009_東千歳





向日葵

久し振りのアップ。
念願のK-1購入ですっかり満足してしまい、暫くゴルフに浮気してましたf^_^;

最近すっかり秋めいた気候になり暫くラウンドの予定も無く、クラブを持つ手をカメラへと替えました。
向かったのは近場のパレットの丘。

畑の肥料にする向日葵が満開らしいとの事。
過去にも行っていたのでマンネリかも思いましたが、紅葉にも早そうだし。




20161009_Sunflower



パレットの丘から眺めても中々撮りづらい(立ち入れない)場所でしたので、スルーして双子の木へ向かう途中で見つけた場所で。
風が強烈で向日葵がたなびく中粘って撮り続けてみました。





該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。