残念無念日記3

PENTAX K-1markII, K-5IIs, MX-1
MENU

雨にも負けず

前回の続きです。
雨が断続的に降ったり止んだりを繰り返してました。


休憩所に退避しながら一度は撤退も考えましたが、弱まった頃に再チャレンジしました。
レンズはDFA★70-200mmからFA77mmにスイッチです。


Tulip




Tulip



タム9は留守番でしたのでFA77にぼかしまくってもらいました(^_^;





雨の滝野すずらん公園

抽選で頂いた温泉宿泊券でリッチに過ごせた週末でした。
天気予報で回復するはずだった日曜日にかけたのに帰り道途中から雨。
雨故混んでないだろうと確信し滝野すずらん公園へ。
実際少なかったので安心するもやっぱり雨かよと…


数年前同じようにチューリップをめがけて、公園目前にピーポ君がロックオン。
沢山の同胞とサイン会場を共にしたのが懐かしいw
今回は別ルートながら記憶が蘇りました。



FA31mmが発色良いのは曇天のせいなのかな?

Tulip





段々怪しくなる天気故、DFA★70-200にへチェンジ。

Tulip




途中霧雨から小雨へ。とりあえず気にしない。

Tulip




寧ろ瑞々しさは雨のお陰。

Tulip




ここのチューチップ、変わり種が多い。
名前は記憶できない(^_^;)

Tulip




Tulip



雨のエゾヤマツツジ

久し振りの本格的な雨。
そんな休日、庭のエゾヤマツツジが花をつけていた。
防滴のペンタックスには問題無し。問題あるのは人間の方だが、庭先なら大丈夫w


エゾヤマツツジ




エゾヤマツツジ




エゾヤマツツジ




庭のフェンス工事で少しだけ移設したエゾヤマツツジ。
移設が良かったのか悪かったのか、例年になく花を沢山つけた。
来年咲かないのでは困るが、こんなに一度に咲いてしまうのもどうなんだろう…


999.9


メガネを新調しました。
999.9と言うブランド。モデル名は『S-806T』
メイドインジャパンらしいです。



Glasses




今のメガネ、調べると2011年に購入したらしい。
この間、老眼鏡に加え仕事用の中近用も追加していたが、肝心の近視乱視用は6年近く経過していた。
お気に入りのレイバンだったが、突然着用できないぐらい右フレームが根元から広がったのが昨年。


購入した富士メガネに持ち込むと、片手での付け外しが原因らしいと。
老眼の方は分かると思うけれど、手元が見えないとメガネを外し裸眼で見るのではないか。
結局何とはなしに片手で付け外しを頻繁に行う事になり、片側に負荷がかかると言う。成る程。
(付け外ししない為にも遠近にすれば良いのだろうけれど、慣れが必要とかで未だに踏み切れていない)

結局、修理はしたが溶接?の傷跡も残り何となく心細い。
という事で新調した次第。



Glasses




久し振りにレンズを全周でカバーするフルリムタイプ。
安心した途端、レンズフレーム自体はフレーム上部でわずかに接着されている構造に気づく。
店員さん曰く、「999.9は丈夫ですよ」
安いメガネでないんだし、これまでも沢山購入していて対応はしてくれているので信用しましょう。



問題はレンズです。
前作は思い切ってニコンにした訳ですが、経過年数もあるけれど磨き傷が目立ちます。
ナノクリスタルコーティングでは無かったらしいですw

という事で、店員さんお勧めのセイコーオプティカルプロダクツにしました。
これでメガネのレンズに関しては全メーカーはクリアした模様です。
戻って調べるとSEIKOセイコーオプティカルプロダクツ、実は2004年からペンタックスブランドを販売していたらしいです。
と言う事で何かのお導きだったのでしょうか。
DA★でもなければLimitedでもありませんが無事ペンタックスレンズと相成りました。




Deep Purple


Hydrangea Deep Purple



ロックが好きな息子だからと言う訳では無く、母の日に変わったものをと彼が選んだのがDeep Purpleなる品種の紫陽花でした。
前日私からかみさんへ花を贈るべく紫陽花を打診したら却下したのに、息子からだと喜んで受け取る次第。うーん…



既に梅も満開を過ぎた地元ですが、GWの最終日に遠征先で見つけた桜を。
遠征とあってK-1+DFA24-70以外に、FA31mmと重量を押さえ久々のDA★60-250にしましたがこれもありかなと今更です。



Cherry Blossoms





今年の桜、予想以上に開花を早めていたのでGWでの見頃を諦めていた処遠征先の道東では丁度塩梅の良い咲き具合に遭遇できました。




円山動物園2


前回の続きです。

園内を一通り回った頃、長蛇の列を見て避けていた爬虫類館が空いている様なので入ってみる事に。
は虫類両生類の類いを抵抗無く見る事ができたのは、かつて我が家にいたヒョウモントカゲモドキのお陰かなと懐かしく思う。


後から見て、ほぼガラス越しながら良く撮れてるなぁとレンズに感謝。


Sapporo Maruyama Zoo




円山動物園1



Sapporo Maruyama Zoo


ドタバタ状態の4月でしたが、なんとかGWに突入しました。
まとめて休める有り難さ、普段できない庭仕事なんぞをやっているとあっという間に時間が過ぎていきます。
(農家さんには頭が下がります)


野望用ついでに札幌まで遠征したので、思い切って動物園へ向かいました。
GW!しかも子供の日!
いや午後の2時も回れば多分空いてるでしょ?


同じ事を考えている人はいましたが、百貨店の駐車場待ちより短い時間で入れましたw
そう言えば一昨年上野動物園に行ったのも閉園間近だった様な…
しかしここ円山は何年ぶり?
子供がまだ小さい頃ですから10数年は経過しているはず。


しかし子供の日の動物園、想像してみてください!
その通りですw



写真はすべてK-1DFA★70-200mm
クロップで撮ってみたり、FFの後トリミングしたりもしているので次回?機会あればDA★300mmも追加ですね。



該当の記事は見つかりませんでした。