fc2ブログ

日々途々

PENTAX K-1II, GRIII,K-3III , MX-1で週末フォトを

東千歳 





field




案の定、Gotoも制限がかかるらしい。
少なからずそのキャンペーンで人が動くのだから仕方ないと思っていたが、ここまで感染者が増えだすと一時休止は仕方ないか。
かく言う自分も2度ほど使わせてもらったので、たいそうな事は言えないだけれどね。


連休期間中、天気予報も雪が降る日もあるとかでstay homeを覚悟していたら、初日の昨日は午後から日差しもでてきたので、思わず近場まで足を伸ばしてきました。




-- 続きを読む --
スポンサーサイト



ある朝 



Sapporo



少し前の写真です。
コロナの影響で時差出勤復活。


ちょいと遅い出勤となった朝、 大通り公園は時間的にも人影はまばら。
ここはホワイトイルミネーションの会場と思われます。
確かに綺麗なんですが、人出が気になりますね。







-- 続きを読む --

収納完了 


ヨドバシさん、ありがとうございます。
無事1日で届きました。


梱包サイズを見ると小さく見えたのは意外でした。
開封しても(当然ですが)間違いなくあのバッグなのですが、ヨドバシで見た物よりコンパクトに見えたのは我が家が狭いからなのか?





こんな状態(左側)だったので


IMG_8092.jpg





兎に角ばらしました。


IMG_8111_convert_20201116221532.jpeg





レンズ類が綺麗に収まる様にセパレーターを貼ったり、剥がしたりを繰り返し


-- 続きを読む --

マンフロット PL ローラーバッグ SWITCH55 



美瑛訪問以降、カメラバッグが欲しい病に陥ってました(笑
普通に考えれば大きめのバックパックなのかもしれませんが、重量と身体への負担(年齢)を考えると、コロコロしか選択肢が無いだろうなぁと。


一応バッグは3つあります。
TENBA MESSENGER Camera Bag
KATA DR-467i-BR
thinkTANKphoto アーバンディスガイズ35 V2.0


どれもK10DからK-5、K-5IIsとAPS時代に購入したもの。
初めはKATAのリュック、次にTENBAショルダー、そしてthinkTankphotoは出張時用に購入したもの。
使用頻度から言えばTENBAがレギュラーメンバー。
できればレンズは多めに持っていきたいタイプなので。


そしていつの間にやらフルサイズのK-1とレンズもDFAシリーズがそれなりに揃い、最近はTENBAに収まりきらず重ねて突っ込んでいた状態。
先日の美瑛遠征時もDFA大三元セット+DA300が1つに収まらずTENBAとKATAの2個を持ち出す事態でした。


そんな事もあり、コロコロ、ローラーバッグしかないと結論づけ、悩む事2週間。
アマゾン、価格、ヨドバシ、楽天…





最終的にはヨドバシ札幌で取り寄せ、店内で展示用のK-1II、DFA大三元3本+DFA50mmを入れさせてもらい収納を確認しました。そんな事までして決めたのはマンフロット PL ローラーバッグ SWITCH55
ヨドバシの担当さん、ありがとうございました。


IMG_8091.jpg



IMG_8092.jpg


右のthinkTankphotoさんは少しだけ小さかった。



-- 続きを読む --

初雪 



初雪



今朝起きると初雪、銀世界。
ちょっと予報とは異なるので正直驚きました。


札幌や岩見沢、小樽で積雪は聞いていたけれど、地元で?
いつか来るので仕方ない。


しかし予定より早かった為、ワイパーは夏仕様のまま、雪かき用ジョンバ、スコップなんかも出していなかったので、時間の無い出勤前にえいやと冬仕様へ。





-- 続きを読む --

駅舎 


先週末は小樽へ帰省。
親父の命日と合わせて毎年恒例の庭とベランダの冬支度。


久しぶりに弟が帰省してきたので、小樽駅まで出迎えに。
東京の感染もさることながら北海道の感染状況の方が怪しいこの頃。



小樽駅


-- 続きを読む --

美瑛撮影旅行#4 


美味しい景色と美味しいラーメンの後、向かったのは青い池でした。
正直天候と時間から期待してなかったのですが、想像以上の観光客の方(観光バス4台)もいて写真を撮る雰囲気はあまりなく、当然三脚も自粛して…


そして撮るには撮ったのですが、思う様にはならず。
ということで蔵出しを。



Blue Pond-3





Blue Pond





Blue Pond


そういえばこの日からライトアップだった様で、当時を思い出しました。





-- 続きを読む --
thread: 紅葉の写真 | janre: 写真 |  trackback: 0 | comment: 6 | edit

美瑛撮影旅行#3 



美瑛を離れ、富良野に向かったのは想定外でした。
車中では美瑛の写真家さんのこと、スノーダストとサンピラーで有名な場所の状況なども教えてもらい、(私的には)盛り上がりました。


そんな道中で、自分が確認したかった場所も教えてもらいました。
一度探し当てた場所だったのですが、車(ナビ)も変わりGPSデータを消失してそれ以降お邪魔してませんでしたが、やはり正解でした。
いつかここで朝霧に塔屋が浮かぶ写真を撮ってみたいものです。


Furano trees





※前回は5年前の訪問でした
Biei




-- 続きを読む --
thread: 紅葉の写真 | janre: 写真 |  trackback: 0 | comment: 0 | edit

美瑛撮影旅行#2 

1日目は一人で富良野〜美瑛を巡り終了。
翌日はフォトツアーです。


朝はホテル前0520にピックアップでしたので、目覚ましも0445からセット。
緊張して余り寝付けなかったのはまるで運動会を控えた子供w
普段朝が弱い私もキチンと時間通りに起床。
そして、待ち合わせ時間に赤い車で講師登場。


HPで確認済み、更にはtwitterでも知っていたのでご対面しても違和感なくご挨拶。
講師の平澤先生、略歴はHPで確認下さい。
↓↓↓↓↓↓↓
https://www.photo-office-aotearoa.com/about-me


私が平澤ツアーを申し込んだ理由
1)特に何もないこの季節の美瑛、どこをどうやって撮るのか
※前エントリーで書いた通り、この時期カラマツの黄葉が素晴らしく私の認識不足でした
2)自分の知らない美瑛の見どころにも連れていってもらえる?
3)平澤講師がペンタキシアンだった


1)2)も魅力的ですが、実は3)が最大の理由でしょうか(笑


ボディもレンズも同じ。あとはセンスです。これはどうにもならないので少しでもその辺りも教えてもらえればと。
早速朝日をめがけて向った先は初めての「五稜の丘」。


名前は知ってましたが、たどり着いた事の無い場所。
現場では朝日を待つ写真家さん、既に数名。


私たちは少し離れた場所へ。風もありめちゃくちゃ寒い。
三脚をセットして暫し車内で待機。


先生はダウンを二枚重ねに下半身はオーバーパンツと完全に冬支度。
外気温3度。しかも風!オーバーパンツはカミさんに言われたのに不要と置いてきて後悔。正直舐めてました。


朝日を待つ時間。

IMG_8064_convert_20201105211822.jpg
※ iPhoneXSMax


IMG_8063_convert_20201105211702.jpg
※ iPhoneXSMax





Hill morning




Tree



雲が多く残念無念…



-- 続きを読む --
thread: 紅葉の写真 | janre: 写真 |  trackback: 0 | comment: 2 | edit

美瑛撮影旅行#1 



Tree





先週末念願のフォトツアーに行ってきました。
メーカーや旅行会社が行う撮影旅行はあるけれど、地元道民が参加できるものは少なく日程も合わないのが分かってから、目的地へ出かけてそこのプロに教えてもらおう、幸いにして美瑛には著名な写真家がたくさんいるし、現にフォトツアーもたくさんあることを知ったのは数年前。



一度はトライしたものの、急な盲腸でキャンセルしたのは2年前だったかな?
それ以来タイミングもなく今回やっと美瑛へ遠征できました。



美瑛は何度となく1人できていたが、たどり着けなかったスポットや知らないスポットもあるので、そんな場所にも連れて行ってもらえるだろうと期待して、逸る気持ちを抑えて土曜日の昼から出発。



-- 続きを読む --