残念無念日記3

PENTAX K-1markII, K-5IIs, MX-1
MENU

丘を駆ける




2016081Oiwake






元双子の木、からウロウロしつつ車を走らせて向かったのは追分。
少し前に見た菜の花の記憶だけで向かいました。
あれから三ヶ月、流石に月日が経ち過ぎて痕跡無し。
既に刈り取られ根元の茎だけが残る畑ばかり。

2016081Oiwake




そんな中、最後に立ち寄った麦畑?では1台のトラクターが動き回ってました。
新車?並の色合いが畑に良く映える姿に惹かれ何枚か撮っていると、此方を見つけたトラクターが近くで立ち止まり運転していた方が降りてこちらへ向かって来ます。












ビビりながらご挨拶。
しかし、話してみると何とも優しく親しみある農家さんでした(ホッ
ここ数ヶ月に渡り何度も写真を撮っている方が来ていて一度話しをしたかったとの事。

白い車が共通点?で残念ながら私ではなかったのですが、畑にまつわる色々な話しを聞かせてもらいました。
ついつい話しが弾んだ為、仕事を中断させてスミマセンと何度もお詫びする事態f^_^;
もっと前から通えば良かったなと。
また、お邪魔します!





2016081Oiwake




2016081Oiwake




2016081Oiwake




関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://sometimesphoto.blog.fc2.com/tb.php/648-d8631c94
該当の記事は見つかりませんでした。