FC2ブログ

日々途々

PENTAX K-1II, GRIII,K-5IIs, MX-1で週末フォトを

Go to 美瑛! 



昼食難民になりかけ、向かった美瑛でカレーうどん(つけ麺タイプ)を頂き解決できました。
ちなみに14時前ギリの入店でした。



ほっとして間もなく、向かった先は大好きな第2マイルドセブンの丘です。



Biei1



これもRRSを使いました。ブログサイズだと全くわかりませんw












隣の木々は小さく目立たないのですが、雲が面白い形だったので。


Biei2



写真を撮っていると後から来た女性が、「あんな林撮っても仕方ないからこっちの広々とした景色にしようよ」と。
人によって受け止め方が違うのはわかっていても、そう言う見方もあるのだなと中々グッと刺さりました。






時間もない為、お気入りの新鋭の丘〜クリスマスツリーの木へ。


Biei3




こやつもRRSです。


Biei4





いつもなら誰かいるはずなのに誰もいない事もあるですね。


Biei5




Biei6





帰り道途中で富良野八幡丘の「春よ恋の木」を観て帰路に。


Furano Tree1





Furano Tree3





構図がワンパターンでした ^_^;)




関連記事
thread: 写真日記 | janre: 写真 |  trackback: 0 | comment: 2 | edit

コメント

こんばんわ。

広い畑?の中にポツンと赤い屋根がある写真が好きです。
こういう家に住んでみたい!家じゃなさそうですが・・・

雲が面白い形の写真いいですね。
空はその時しか撮れないので、こういった偶然を見逃さないのもさすがです。
私も淡々と木や苔の写真を撮っているときに、そんな言葉を耳にしたことがあります。
私は、基本的に面白くない写真はないと思うタイプです。
(自分で撮影したボツ写真意外はw)
逆に何を撮っているんだろう。どういううつりになるんだろうか。と気になるタイプですw

一本の木の構図は全て、木が右寄りなのはなぜでしょうか?
私もこういう構図は理由もなく、みぎに被写体を置くタイプなので気になります。

純さん #- | URL | 2020/08/08 20:48 * edit *

Re: タイトルなし

>純さん
こんばんは。
赤い家が見える丘はド定番のスポットなのでオススメです。
畑の管理用だと思うのですが、確かに憧れますね。

当日は快晴でない、しかも時間の制約ありときてましたので雲ぐらいしか見つけられなかったのが正直なところです ^ ^;
改めて純さんの言われたことを知り納得です。
そして、純さんの様な探究心がいまいち弱いなぁと反省です。

1本の木ですよね…
何故なんでしょう?右利き?傾斜?
左に置くことは出来なくもない筈なので今度トライしてみますが、私の場合恐らく先人達の写真が刷り込まれているのもあると思っています。
クリスマスツリーの木も富良野の木も初めて知った写真は右ばかりだったはずです。結局人真似なのかもしれません。
何も考えず右に配置する、疑問に思わないことが探究心不足なのだと実感します。またも反省です ^ ^;

kazu #- | URL | 2020/08/08 22:10 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sometimesphoto.blog.fc2.com/tb.php/839-405885b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)